カイロプラクティックでの施術のパキポキ音は?

2020/03/26 ブログ
logo

山口でカイロプラクティックをしていますカイロプラクティックムーミンです。

カイロプラクティックを受けられたことの無い方が、たまにイメージでカイロプラクティックのパキポキの音があり何だか怖い((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルってイメージをもたれているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

カイロプラクティックのパキポキの音、痛いんではないかな?ということについて、お伝えします。

まず、痛いのは誤解です。

 

 

カイロプラクティックのイメージで、骨をパキポキならされて怖いとか、痛そうなイメージが、アンケートでよくある回答です。ですが、カイロプラクティックの怖いイメージがあるのは、残念です。

カイロプラクティックの施術後に同じように質問をしてみますと、[全然痛くなかった][怖くなかった]と回答いただけます。

なぜ、施術を受けていただいく前に怖そうと感じてしまうのでしょうか?骨がパキポキなるという言葉が骨が折れてしまうのではないか?と連想されるという一因が考えられます。

カイロプラクティックの施術のさい、パキポキという音が確かに聞こえることもあります。しかし、必ずしも音が出るわけではありませんし、お客様が不安にならないように、昨今では音が出にくい技術を心がけるなどカイロプラクターも工夫をしています。音の正体は、一体何なのでしょうか?

カイロプラクティックで、パキポキという音は、骨そのものがなっているわけではありません。

カイロプラクティックがまだまだ、多くの人に知られていないです。強い力で無理やり骨や関節をパキポキと音をだしているといった怖い、痛いという間違ったイメージが広がっているんです。

施術を受けて、痛いほど力強く身体を押さえたり、強い圧力をかけたりというのは、全然ありません。パキポキの音の正体とは?

普段に、自分で指や、首を曲げたりして動かした時に、ポキッとなcつたりしますよね。あの時に鳴っている音と基本的には同じだと思ってください。

すこし、専門的な話ですが、関節の中には、[関節液]とよばれる液体があります。カイロプラクティックの施術のときに、伸びたり、圧力がかかると、関節液の中で、ガスが生じて、ぽきと音がなるのは、その気体が弾けた音です。

イメージ的には、炭酸飲料のふたを開けたときのしゅぽーんっていうのと同じです。

骨が折れている音ではありませんので、ご安心を。

個人差がありますが、必ずしも施術で音がなるわけではありません。安心して、施術を受けられてくださいね。

不安なことは、何でもご相談ください。

カイロプラクティックのすべての施術で、パキポキと骨の音がするわけではありません。また、音が鳴った、鳴らないは施術の善し悪しに、まったく影響はありません。

一例ですが、不調だなっと思われるのは、関節などの動きが固くなり、その可動領域が狭まっていたりして、それが痛みへつながっていたりしまづ。施術することで、関節の動きがよくなり、可動領域を広げてあげるのが、カイロプラクティックの施術です。関節の中の関節液に圧力がかかり音がなる場合があるということであり、骨そのものが、鳴ったり折れたりしているわけではありませんので、ご安心くださいね。

何となく怖い、不安を感じる。そう思いながら施術を受けていただく必要はありません。ぜひ、遠慮しないで、初めてだから、怖いですなどのことを、カイロプラクターにお伝えくだい。

疑問に思うことなど、ぜひ、相談をしてみてくださいね。

相談をすることにより、不安は取り除けるはずです。